×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SUBARU
LEGACY B4
BLITZEN 2000 model
(1/24:FUJIMI改)

2004年12月04日製作

2005年01月03日 wheel製作記追加(最下部)

レガシィ B4の特別仕様のブリッツェン2000モデルです。
スバルとポルシェデザインによるコラボレーションモデルで
2000年にB4ベースに1000台限定で発売。
2001年にワゴンが加わり、MC後にも発売されました。

そのブリッツェンで初期に発売された2000モデルを再現してみました。
元のベースキットはフジミ レガシィ B4 RSK。
キットは後期型となってますので後期型(MC後)のブリッツェンをと思いましたが、
バンパーの造形が少々?難しいのと、リヤスポイラーが一直線状で面白くないなーと思い、
作りやすい前期型にしようかと・・・。
以前、実車が付近で見れたのでその印象が強いってコトもあります。

さて、後期型と前期型の違いを検討。
まあ、細かいコトは抜きとして、外観的にヘッドライトの違いが大きい点で、
あとは、ブリッツェン用前後バンパーの造形とメインイベント?のホイール。

ベットライトはキットのままだと3つの凹みとウインカーの楕円状のモールドになってます。
で、実車をよく見ると、ライト本体は大きい凹みで上下を分断する仕切はないようです。
横の仕切に見えるのはその凹みに対して橋が架かっている状態なので、
ライト部分は大きく凹みを持たせました。
両サイドのウインカー形状とスモールランプ?も前期型では形状が違うので、
ここも一つの凹みにしてしまい、ヘッドライトの橋状のラインに合わせるように、仕切を設けます・・・。
まあ、まだ町中を結構走っているモデルなので個々に見てみてください・・・。

次にバンパーの造形。
キットにはワゴンのバンパーも付いています。
リヤ側形状的には使えませんが、フロント側はB4もワゴンも共通で使えます。
B4用のフロントバンパーは左右に大きい凹みがあり中央にも大きい開口部があります。
ワゴンのには中央の開口部は控えめですので、そちらのを元に実車の写真を見ながら改造をしました。

そして、最大の問題はホイールの造形。
逆にこのホイールを作ることが出来たから、ブリッツェンを作ったとも言って良いでしょうね。
まあ、簡単に言うと、プラスチックの固まりから削りだして作りました。
その方法とは!(それは、後ほど・・・。)

先の11月21日の名古屋で展示させて頂きましたが、
突貫がたたり少々手抜きもありましたでの
当時より少々手直しをしています。


ブリッツェンと言えば、赤!ってコトですね。


特徴あるリヤスポイラー。
マフラーはバンパーの中から出ています。


室内の赤は、設定通りじゃありません。


ヘッドライト、グリル、バンパーを改造。


リヤスポイラーは既存の物を折り曲げて使用しました。
当然短くなりますので中央で延長しています。


とりあえず、バランス的には良いかと・・・。
自作デカールにて「BLITZEN」を製作。


これが、オリジナルのホイールです。
製作方法は、コチラへ。

もどる