×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





今日の1枚!
2008年版

トップページに掲げた「今日の1枚!」の履歴部屋です。
多少の「製作記」と言えるかな?

これで、「そんなの、あったっけ?」と、言えませんね(笑)。


2007年版(加筆中)

写真 コメント
2008年08月10日。
何も進まずに、早一週間・・・。ボディはクリヤーの乾燥待ちもあるので、とりあえずクリヤーまで進めました。このクルマの特徴でもある2本のライン。デカールでの再現ですが、如何に中央&平行に貼るかを考慮して進めました。まあ平行に貼るのは、単純に細切りマスキングテープをガイドにして、そのマスキングテープを中央に貼るようにすれば、難なく可能かと思います。とりあえず、間隔は3mmぐらいで貼りました。ノーズのエンブレムとの間隔も考慮して。しかしリヤの文字との関係は実車ほどでは無い感じ。附属のデカールでもそんな感じです。たぶん。まあ、リヤの文字はタミヤのインレット使うし。どのみち合わない。
2008年08月03日。
F430のスクーデリアです。
最近、製作がほとんど進んでいない状態でしたのを打破すべく、土曜日早朝より製作スタート!夕方出掛けるまでにボディ色塗装、室内、シャーシを完成させるまでに突貫で作業しました。
ボディ色は、定番の赤を避けるべくネットを徘徊して、使う色を決めました。色は、タミヤのライトブルーメタリックです。イメージ的にはもう少々濃いめなんですが、スプレーオンリーだもんで、そこら辺は考えずに(笑)。
内装は、黒単色でも良いのですが、アクセントでシートのサイド部分を赤にしました。エンジン部分はネット画像を確認しながら塗装。
ポルシェ ケイマンS。
製作開始以来、7〜8割ぐらいまで進んで居たのですが、かなりの期間放置状態となりまして、今回ボクスターSの完成で、元キットとの比較の為にも製作を再開し、1年以上掛かって完成にいたりました。
以前の製作時に、赤い成形色のシミ上がりを防ぐ対策を施しましたが、若干?シミ上がりが発生し、白が多少アイボリー系に変色してしまいました。しかし、リヤスポやドアミラー等は黒成形なので、シミ上がりはでないので、そのまんま白だと変な配色と成ってしまいます。そこで、2カ所のみアイボリーの塗装をして誤魔化しています。まあ、遠目に見れば判らない程度になったか?って、感じですね(笑)。
ポルシェ ボクスターS(987)。
これも、以前ココで製作途中のを数回出していましたが、あれより放置状態が続き、最近まであの当時のままでしたが、静岡に出品するべく急遽製作再開。しかし、残されていた作業も多く、結局先日まで製作していました。多少突貫もありアラも・・・。
三菱 FTO。
痛車第2弾(笑)。結局製品版のキャラでも作りたくなりましたが、とうに在庫切れ状態。ヤフオクでも高値取引なので、先の痛車同様にDVDよりキャラ絵を採取し、デカールを起こし製作。今回は、少々「絵」が小さめでした。
フェラーリ 250テスタロッサ。
ハセガワの新作です。完成品は「赤」が圧倒的に多いと思い、ココでも「赤」にせず、「黄色」に。成形色が白なので、その点も気を使わずにできました。
ダッヂ デオラ ショーカー。
クラブでの「アメリカン ショーカー」祭りに参加し、くじ引きで引き当てたのがコレ。こーゆー機会がなければ、絶対作りそうも無いキットですね。製作にあっては、通常の順番で製作出来ず、手間が掛かりましたが、なんとか完成出来ました。ネットでも、完成品を滅多にお目に掛かれないでしょう。自分でも製作にあたり見つけられたのは1作品程度。
360モデナのスパイダー。
某模型店で見つけて購入。クラブのテーマに沿った感じでしたが、ほとんど完成していたのに半年ぐらい放置。先の展示会に間に合わせるべく製作再開で、やっと完成に漕ぎ着ける。
2008年02月18日。
サイドのウィンカーを透明プラ板より製作。ついでに忘れていたルームミラーも一緒に付けてやっと完成しました。まあ、デカールの浮きや端面の剥がれなどありますが、とりあえずインクジェットプリンター用のデカールの使いようが判りました(本当か?)ので、これで良しとしましょう!と、言うことで、完成とします。まあ、リベンジ?も考えている今日この頃ですが・・・。しかし、同じネタじゃねーと思っているのも事実。やはりあっちに対抗意識は少々ありますが。
2008年02月12日。
連休最後の晩。ボディ磨いて、室内出来て、シャーシはすでに出来ていたので完成まで、あと少し!でしたが、ヘッドライトの合わせが今イチだったので、少々手間取り、ウィンドウの黒枠にも手間取る。やっと?すべて組み上げて完成〜!!と、思いきや、サイドのウィンカー削り取っていたのを思い出す・・・。あー、作らないと。
と、言うことで完成まで99%?で、時間切れ・・・OTL
2008年02月11日。
ネット等で製品版の「痛車」情報を見ていると、なにやら室内にも貼る?デカールがあるとのコト。本来室内はノーマルのままで行こうと思いましたが、対抗意識?で室内に貼れるのを急遽作成。もち作ったデカールだとそのまま貼ることはスケスケなので、無理です。そこで柔軟性の紙に貼ってみるコトに。普通紙等じゃ柔軟性が今イチ。実車でシートにカバーする布の様な感じを再現出来たかな?
2008年02月10日。
デカールを貼り終えて、乾燥し通常のクリヤーコートを行いました。デカール的にはクリヤーに強い感じで、どばどば噴いてもさほど問題無いかもしれません。ただ、貼る面を平滑にしておいた方が良いかもしれません。デカール自体が通常キットにあるモノより厚めなのか、細かい凹凸には馴染まない感じです。実際結構気泡や貼り付き具合が悪い部分が多々ありますが、今回はそんなに気にせずにバシバシ作っちゃいます。クリヤーコートして数日後に研ぎ出しを行いました。その時も、貼る付き具合が悪い部分が少々剥がれました・・・。
2008年02月01日。
さっさと、印刷してみました。印刷設定を少々試行錯誤しましたが、とりあえず印刷完了し、クリヤーでオーバーコート。コートにより水による滲みを抑えるコトになります。で、実際ボディに貼ってみると問題が発生。先に考えた構図で貼ろうとするが失敗。大判だと扱いが悪いのか、クリヤーコートが少ないのかで、印刷部分が剥がれてしまい上手く貼れませんでしたので、急遽構図を変更!してとりあえず写真のよーになりました。ルーフ部分にも貼りましたが、乾燥時に気泡が発生したりと貼り具合が悪かったので、剥がし再度新しいのを貼ることに。
2008年01月31日。
画像で判るかと思いますが、ここ最近話題になりつつある「痛車」をインクジェットプリンター用のデカールで作ってみようと思います。まず、何のキャラクターを使うか迷っていたら、ちょうどネットで見たキャラが面白そうなので、深く考えずに採用。近々発売される「痛車」キットのキャラだと被るし、何よりオリジナルを重んじ?決定しました。次に、使えそうな資料(画像)集めをして、いざ実際貼る大きさに印刷して、おおよその構図を決めました。この時はまだ普通紙に印刷しています。キャラは「もえたん」です。そんなにマイナーでもないでしょ?しかし、今回のコトまで知らなかったのも事実ですが(笑)。
2008年01月20日。
インクジェットプリンター用のデカールを試すべく、作り始めます。キットはフジミのAE111トレノです。車種選択は、数多くの積んであるキットの中で作りそうもないのを単に選んでみました。インクジェットプリンターなので、もちろん”白”は再現出来ませんので、ボディは迷わず白にします。従来定番のマクロドライプリンターより、発色が良いようなコトもありますし、なにより中間色の再現はかなりインクジェットプリンターの方がいいですよね。発色が良いので、デカールは結構派手目を印刷する予定です。






もどる