×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AIRFIX
QUICK BUILD

McLaren P1
スケールの表示はありませんが、
ほぼ1/24です。

先に、Bugatti Veyron 16.4を店頭で見つけ、
手に取ったら、中身がガサガサ動く感じで、
部品がバラバラ?と思う。
大丈夫か?と思いつつも、購入。
組み上がった感じはよかったので、
他の種類をネットみたトコロ、
McLaren P1があった。
店頭で見かけな無かったので、
こちらは、ネット通販で購入する。

Bugatti Veyron 16.4は、
こちらです。




パッケージ。



中身は、こんな感じで、部品がバラバラで袋詰めされています。
窓部品は、一応別パッケージとなっている(擦り傷はあったが)。


パッケージを開けるとこんな感じ。
基本、ゲート処理はほとんどありませんが、
タイヤ、ホイールとドアミラーは処理がいる。

さて、組んでみます。


ドア(側面部分)を左右組む。
丸凸4個の間に、丸凸を差し込む感じです。


シャーシに組み込みます。
フロントのアンダーガードも組みます。


タイヤにホイールを差し込むだけですが、
今回は異様にゴムが固く入らなかったので、
熱湯で暖めてなんとか入れるコトに・・・。


タイヤを車軸に差し込む。
軸は爪形状なので、単に差し込めば良い。
タイヤは向きが決まっているので、パターンの向きは・・・。


先の、シャーシにタイヤ&車軸を組み込む。
クルマっぽくなってくる。


前後に黒い部品を組み込む。
リヤは特に隙間が多いですが、実車もそーなんですね。


デカールではなく、シールなので、
今回は使わず。


エンジン部分に赤い部品をつける。
何故赤いのかはわかりません。組んだあとも全く見えないし。


フェンダーとボンネット。
ボンネットの左右に凸があるので、単純に上から差し込めない。


ボンネットと組んだ状態。



シャーシとの合体。


シートは座面に丸凸があるが、これ以上の部品は無い。


ダッシュボード。
ステアリングまで一体なので、まあ・・・。


ダッシュボード、シートを組み込む。
シートは前後にすらして設置は可能ですが、意味は?


リヤ部分。
左右一体は無理だったのか、分割されている。


組んだ状態。
分割線が後部に出ますね。


エンジンフード?を組み込む。


窓枠も左右に分割されている。


ルーフを組み込む。


ボディを合体。


サイドミラー、リヤスポを組み込んで、完成となる。



リヤスポ、上下に可動は可能ですが、
下端で差し込むと取れない感じ。


取説。

右下に、他のキットの絵もある。


クルマのキットは、他にアヴェンタドール、ビートル(初代)がある。
スケールは同じか不明。


クルマ以外では、飛行機関係が数種あるらしいです。
絵的には、5種類ありますが、
ネットで見ると9種(プロペラ機4種、ジェット機4種、ヘリコプター1種)あり、
他に戦車も1種あるらしいです。

こちらもスケール表記は無い感じです。







もどる。