×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NISSAN
SILVIA Varietta
(1/24:AOSHIMA改)

2008年01月 製作。

S15シルビアのオープンモデルです。
その名も、「ヴェリエッタ」となってます。

先のS13とは違いルーフはメタル製で、
国産車でのメタルルーフの先駆け的なクルマとなりましたね。

S15のキットは、フジミとアオシマより発売されていますが、
やはり内装重視ってことで、アオシマので改造しました。
しかし、リヤシートの形状が、アオシマのではちょーっと変なので、
部分的にフジミのリヤシート使ってます。

製作に至っては、
これも、S13同様にルーフを切って、なんとかなるでしょう!と、
安易な考えで製作開始。

しかし、こちらもS13以上に手間が掛かりました。
リヤシート周囲はもちろんのコト、
S15はトランク部分も結構な造形作業を要しました。

ノーマルのトランク面より数ミリのかさ上げをして、
さらに両脇の凸稜線を再現。
こちらも主にネットでの画像を参考に製作。
実車はそこそこあるのでしょうが、結局製作中に見ることはなかったです。
まあ、見れば見ただけ大変なコトになっていたかも。


キット附属のホイール&タイヤでは、デカ過ぎるので不採用!
フジミから発売されているニスモGT4のホイールに変えています。



ネット画像って、だいたいこんなアングルしかないので、
リヤシート周囲の画像を探すのに苦労しました。



もちろん、シートベルトを追加。
ベルト自体は細切りマスキングテープに色塗りです。



フロントシートのヘッドレストがイマイチカクカク形状気味だったので、
全体的に丸みを付けています。



フロントウィンドウはS13と同様にヒートプレス製です。



室内はS13ほどの高さ調整は必要ありませんでした。


リヤシート後部は、すぐにトランクなので、
こちらの大きさ比率はまだ良いかもしれません。



形状出しに手間が掛かったトランク両脇の凸形状。
元のボディとの形状と自然に融合させるのに、
パテを盛っては削りの繰り返しを行う。
しかーし、完成後実車を見たら、そんなに出っ張ってないでやんの・・・。


ここら辺も自然に繋がるように形状を出しに手間がかかる。



ルーフを切断。

トランク面かさ上げの枠。

かさ上げ(実はS13のルーフ)。

トランク部分形状出し。

室内、後部はフジミのシート。

各デカールを自作。

リヤシート周囲形状出し。

室内完成。

最終段階へ。

もどる