×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NISSAN
GT−R
(1/24:TAMIYA)

2008年11月製作。

タミヤのGT−Rです。
GT−Rのキットは2008の静岡ホビーショウで3社より発表され、
5月にタミヤ、7月にアオシマ、フジミと発売されました。

カタログカラーは6色で、グレードは3種、内装も3種、
プラモメーカーは3社となってます。

各プラモメーカー毎に2個ずつ製作し6台にし、
グレードと内装を組み合わせて製作しました。

各メーカーで2台ずつ製作なので、
エンジンの製作も1台に絞り、
同じグレード&仕様は避けるようにしています。


2台目。
プラモメーカー:タミヤ。
ボディカラー:ダークメタルグレー(#KAD)。
グレード:プレミアムエディション。
内装:グレー。
を想定。


こちらも、先のと同じ理由で、赤ラインは断念し、
同じ仕様を避ける為に、今度はグレーにしました。

よって、ホイールは今回、ボディの色で塗装。
また、こちらも別売の純正エッチングを使用しています。

ボディカラー。
実車の色は、静岡ホビーショウで搬入口にに鎮座しているヤツを思い出し、
タミヤのMS−5のメタリックグレイを使用。

こちらは、エンジンの塗装を行っています。
エンジンルーム内壁がボディ色ですが、ここら辺は適当に塗装。
まあ、エンジンルーム内はほとんど黒なので、
あまり、アラが出ないで良かったです。

一番最初に、エンジン部分の黒を塗装。
全体的にマスキングをして、
ボディの塗装し、
マスキングをして、ボディ下部を塗装。
と、塗装も結構手間が掛かります。






ボンネットは、極力ボディ塗装時に一緒に噴き、
色の差が出ないようにしました。




シートのグレーは、どちらかというと、白めの色です。












少々手間が掛かりますね。


2台、並べてみました。




もどる