×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NISSAN
GT−R
(1/24:TAMIYA)

2008年11月製作。

タミヤのGT−Rです。
GT−Rのキットは2008の静岡ホビーショウで3社より発表され、
5月にタミヤ、7月にアオシマ、フジミと発売されました。

カタログカラーは6色で、グレードは3種、内装も3種、
プラモメーカーは3社となってます。

各プラモメーカー毎に2個ずつ製作し6台にし、
グレードと内装を組み合わせて製作しました。

各メーカーで2台ずつ製作なので、
エンジンの製作も1台に絞り、
同じグレード&仕様は避けるようにしています。


まず、1台目。
プラモメーカー:タミヤ。
ボディカラー:タイタニウムグレー(#KAC)。
グレード:標準仕様。
内装:ブラック。
を想定。


取説では、内装がブラックエディションの塗装指示でしたが、
シートの塗装で、赤ラインを入れるのは、結構難しい感じがしたので、断念。
単純にブラックにしました。

よって、ホイールの塗装もせずに、地のままです。
また、同時期に発売された、
別売の純正エッチングを使用しています。

問題のボディカラー。
実車の色は、見かけるコトは出来なかったので、
ほとんど写真からの推定で判断(笑)。
でもって、スプレーにはこんな色は出ていない。

で、考えた?あげく、苦肉の策として、
クレオスのbP67のグレーシルバーマイカを地に使い、
上塗りに、クレオスのbP01のスモークグレーを噴く付ける。
スモークグレーによって、色を濃いめにして再現してみました。
再現度の判断は未だに出来ず(笑)。
まあ、違っても治すことはしませんが・・・。

明るめの色に、スモークを上塗りすると、色むらが心配ですが、
そこら辺は気を使ってしました。
部分的にはムラっぽく成ってますけどね。
また、ゴミ等で部分的に黒く成ってますが・・・。

見た目、良いかと思います(自画自賛)。

この色再現可能かで、カタログカラー6台製作が可能か否かに関わってましたしね。

こちらは、エンジンの再現は無視です。
ボンネットは接着固定しました。


とりあえず、イメージ?通りに。


ナンバープレートはエッチングのを使用。


組みやすさでは、やはり一番ですね。




グリルのメッキライン。
キットでは、デカール処理になってますが、
やはり、少しでもメッキ調にしたいと思い、
メタルックをなんとか貼りました。


マフラーが別売のエッチングセットに入っている部品ですが、
当然?取り付け向きがどの方向にも可能状態な上、瞬間接着剤を使うので、
向きには注意が必要ですね。








車高は、調整無しです。


ボンネットは固定。


こーゆー角度で見ると、格好良いですね。


もどる