×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LAMBORGHINI
Countach LP400
(1/24:TAMIYA)

2005年04月17日 製作

クラブのテーマってコトで製作しました。
クラブ内では、青の400、赤の500と箱絵の色に忠実シリーズ?があったので、
なら自分も!と思い製作。
そうです、このキットはタミヤ催事限定の白箱版なのです。
箱絵には「黄色」の完成品が出ているので、これでも箱絵に忠実と言えるでしょう・・・・・(^-^;

さて、久々のタミヤだったりします。
やはり作りやすいですねー。
しかし、ボディ形状が下半分の絞り込みが大きいので、
シャーシにインテリア部分を接着後ボディに組み込むのは
かなり至難の業になるのでその問題点をなんとかしなければなりません。
そこで今回はシャーシにインテリア部分を固定せずに、
ボディ側にインテリアを固定する様に受けを作って
そこにインテリアを設置しシャーシをはめ込む様にしました。
インテリアをボディとシャーシに挟み込む感じですので、
別段動かない様に出来れば接着せずに組み込むコトが出来ます。

他、タイヤの扁平率がキットのままだと高いく薄い感じがしますので、
ホイールごとフジミのLP400の使っています。
だし、このキットはメッキ部品はメッキが施されていないので。
リヤのシャフトもフジミのに交換しましたが少々長いので短くしています。
と、言うことはフジミの方が幅大きいのかな??

リヤのエンジン部分は開閉出来ますので、
フードの両脇を開口しネットを張り、エンジン部分に少々のパイピングを施しています。

ボディ色は、クレオス4番のイエローです。


結構、良い形してるでしょう♪


ウインカーは削り取って透明パーツに置き換えています。
バンパーのライトも透明パーツに置き換えています。
エンブレムのデカールもフジミのキットより流用。


このキットはデカールも無いので、フジミのより流用しています。
リヤのパーツもメッキが無いので、メタルックを貼ったプラ板を入れています。


タイヤのバランスが良くなったかと。


エンジン部分のパイピング。
まあ、だいたいですけどね。


催事限定の箱に貼ってある絵です。

もどる