×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Ferrari 458
ITALIA
(1/24:FUJIMI)

2010年11月 製作

フジミのフェラーリ458イタリアです。

キット発売後、作り始めるもなんだかんだで時間が掛かってしまう・・・。
ボディ色、まあ定番の「レッド」系は避けようと思って、
ネットで、ボディ色のバリエーションを検索。

定番?「イエロー」系もあったので、比較的安易決めたトコロ、
ネットの画像を見ると、イエローはメタリック系?な感じがする。
だいたい、ネットの画像は、当時は新車の発表会のが多く、
ソリッドなのかメタリックなのか、少々判りづらい。

そこで、比較的すぐ発売される、ミニカーに注目。
すると、メタリック・イエローとかになっているモノもあるので、

今回は、メタリック・イエローでの製作となる。
で、色の問題。
イエロー系は、クレオスでは4番、タミヤでは、16や47番がある。
しかし、すべてソリッド系なので、どーするか?

で、思い出したのが、タミヤから以前発売された、
限定色の、パール・イエロー。。
当時、ペンズオイル・ニスモ GT-R (R34)のボディ色として、
発売されたのかと思います。
数年前のタミヤ・オープンハウスで安く買ったコトを思い出す。
キット的には、絶版でないので、今は調色となるんですかね?

キット的には、フロントウィンドウ上部の中央のヒケが最大のネックでしょうかね。
透明な部分を埋めるコトになるんですから。
まあ、窓枠の部分でもありますが・・・。


まあ、雰囲気的には、良いかと。


リヤの「Ferrari」は、いつもの様に、タミヤのメタルインレット。






フロントの開口部。
下の部分は、ある程度、奥までボディ色となっているらしいです・・・。




タイヤ。
キットのタイヤではホイールに対して結構キツイので、
F430を使っています。
大きさは、大した差はありませんが・・・。


フロントの「跳ね馬」もタミヤのメタルインレット。
サイドのウィンカーは透明部品に置き換え。


リヤのテールランプ内側の黒い部分。
本来は、メッシュなのですがなねー。
メッシュ模様はキットにあるんですが、薄いのでほとんど判らず状態。



フロント、両脇とライト内側の部分は削る。

後部は、ちょい浮き気味になるので、挟んで接着。

サイドの部品。気遣い?での段差。

室内は黒一色に統一。
座面がフロアと一体だしね。

成形不良気味。
成形材料の乾燥が足らないと出るとのコト。

ヘッドライト。
LED部分を開口?、ライトレンズを入れるか?と
考えるも結局、黒で済ませる。

最大の難点。
ウィンドウ上部中央のヒケ。

ボディ色。
クリヤーまで、噴きました状態。


もどる